どういった歯医者にかかればいいのか?

金儲けに走る歯医者がいる?

日本の歯科医療の現状を知れば、むし歯や歯周病、不正咬合になってから救われようとしても、現実には非常に難しいことがわかります。 治療の質と歯科医院の利益は、相反関係にありますから、質の高い治療を現行の保険診療制度の枠組みの中で受けようとするのは、無理な相談というものです。

そうかといって、保険外診療であれば質の高い治療が受けられるかといえば、そうとは限りません。 患者は治療の質を判断することができないために、せっかく高い治療費を払っても、それに見合った治療をしてもらえる保障はありません。 高価な診療機器を揃えている歯科医院なら、良い治療が受けられるだろうと考える方もいるでしょうが、残念ながらそうとは限りません。 治療は人間が行なうのであり、機械が行なうのではありません。

確かに歯科用CTやマイクロスコープ、レーザー機器などは診療の質を高めるのに有効な先端歯科機材です。 しかしそれを使いこなす能力の低い人間が使えば、せっかくの先端歯科機材も有効に活用することはできません。 そして診療能力の低い歯科医師ほど、患者へのアピールのために高価な歯科機材を揃えたがる傾向があります。

結局、診療の質の良し悪しは、歯科医師個人の能力に帰する問題であり、また利益とは相反する関係にあるため、本当に優秀でかつ患者思いの歯科医師ほど、歯科医院経営には向いていないものです。 そして患者は歯科治療の質を判断できないのですから、治療の質で歯医者を選ぶことはできないし、選ぶべきではありません。

ではどういった歯医者を選べばよいのでしょうか。 僕は患者に本当のことを告げる歯医者を選ぶべきだと考えています。 むし歯の本当の原因や、正しい予防法をきちんと患者に伝える歯科医師こそ、信頼に値する歯科医師であり、治療が必要なときに安心して治療を任せられる歯科医師だと考えています。

本当のこととは何でしょうか。 それは第1章で述べたような、一般的に言われているうことであり、もっといえば本書に書かれているようなことです。 本書を最後までしっかりと読んでいただければ、むし歯、歯周病、不正咬合の本当の原因と、正しい予防法がわかります。

歯医者にかかって説明を受けたときに、この本に書かれていることと違う説明を受けたなら、その歯医者は信頼に値しない歯医者だと、僕は言い切りたいと思います。 残念ながら、これ以外に歯医者の良し悪しを患者が判断する方法はなく、結局は患者が賢くなることがもっとも大切なことなのです。 よい歯医者を選ぶ眼を培っていただくためにも、次章からは、むし歯、歯周病、不正咬合の原因と正しい予防法の実践の仕方について、詳しく説明していきます。

ページのトップへ戻る