歯磨きへの意識を変える

歯磨きの本当の意味とは?

第1章で、歯磨きはむし歯を予防しないし、歯周病も予防しないと書きました。それは事実ではありますが、では歯磨きに意味がまったくないのかといえばそうではありません。 特に歯周病になってしまった人においては、歯磨きは重要な役割を担います。

歯周病の治療においては、全身的な免疫力の改善ももちろん重要ですが、局所の衛生環境を改善し、抵抗力を回復してあげることもまた必要となります。 この、局所の衛生環境を改善するために、歯磨きが重要な意味を持ちます。歯周病になってしまった歯周組織に付着するプラークを歯磨きによって除去することで、歯周組織の健康回復を促します。

歯周病における局所の衛生環境を改善させる方法として、歯科で行なわれる処置が歯石取りです。歯石取りはスケーリングとも呼ばれます。 歯の表面に強固に付着し、細菌の繁殖のための足場となっている歯石は歯磨きでは除去できませんので、歯医者で除去してもらう必要があります。

特に厄介なのは、歯ぐきの奥のほうに着いてしまった歯石(縁下歯石)の除去です。 このような歯石を完全に除去するためには、外科的に歯肉を切開して歯の根の部分を露出させてから、徹底的に歯石を取って歯の表面をクリーニングする処置が必要になります。 このような外科処置を伴う歯周病治療を行なう際も、やはり毎日の歯磨きで歯周組織を衛生的に保つ必要があるのです。

このようにして歯周病の専門的な治療を受け、歯ぐきの健康が回復された後も、歯磨きは毎日続ける必要があります。 一度歯周病になって歯を支える骨が失われたり、歯ぐきが下がってしまうと、基本的には二度と元には戻りません。 そして歯ぐきが下がって歯と歯との隙間が大きくなってしまった状態の歯周組織にはプラークが停滞しやすく、歯周病が再発しやすいのです。 ですから歯ブラシと、場合によっては歯間ブラシやデンタルフロスなどの清掃補助用具を用いて、毎日口の中を常に清潔に保ち続ける必要があるのです

そしてさらに、歯周病の再発が起こっていないかどうか、定期的に歯科でチェックしてもらわなければなりません。 定期的な口腔内の検診とクリーニングなどの処置を、メンテナンスといいます。 歯周病の原因がわかれば、その予防法もまたおわかりいただけると思います。 歯周病とは全身および局所の免疫力の低下によって起こる疾患です。 ですから歯磨きや定期検診で歯周病を予防するのではなく、本質的な歯周病発症の原因である、全身的な免疫力の低下が起こらないような生活を心がけることが重要なのだということをご理解いただけたでしょうか。 誤った食生活を正し、本来人間が摂るべき食事を摂るようにすることで、むし歯も歯周病も予防することができるだけでなく、人間本来の健康を維持していくことができるのです。

ページのトップへ戻る